• トップページ
  • 大学案内
  • 入試案内
  • 学科紹介
  • キャンバスライフ
  • 就職・キャリア

卒業生メッセージ

人間生活学科

患者さんの「ありがとう」のひと言が 何よりの喜びであり、やりがいです。

岡山 衿華 さん

 ■医療事務コース(2014年3月 卒業)
  ※現 医療事務情報コース

医療法人 住田医院 勤務

受付から会計、レセプト(診療報酬明細書)の作成など、様々な業務を担当しています。高校生の時に医学に興味を持ち、また、人と笑顔で会話をすることが大好きだったことが、医療事務を目指すきっかけとなりました。小児科で勤務しているため、子どもたちが笑顔でたくさんの話をしてくれ、診察後「ありがとうございました」と言ってくれた時に、この仕事をしていて良かったと思います。
患者さんとの距離が近いので、先輩方のように患者さんへの心配りが出来るようになりたいです。


お客様を「笑顔にしたい」その思いが私を成長させてくれます♪

白 純華 さん

 ■オフィス情報コース(2015年3月 卒業)

シェラトンホテル広島 勤務

レストランの接客は、県内外だけではなく海外からのお客様も多く大変ですが、皆様に気持ち良く快適にお食事していただける環境を提供できるよう心がけています。特に丁寧な言葉遣いや接し方など接客に気を付けるようにしています。在学中、Sanjoでビジネスマナーを学んだことが今の仕事に活かされています。今後は、先輩方に教えていただきながら多くの業務を身につけ成長していきたいと思います。


子どもたちが笑顔で生活できるように 成長を見守っています。

大濵 瑠梨香 さん

 ■人間関係コース(2015年3月 卒業)
  ※現 人間心理コース

放課後等デイサービス施設
  こどもひろば うぃず 勤務

放課後や学休日に子どもたちをお預かりして、身の回りのお世話やマナー指導など、自立を目指した支援をしています。一人ひとりの性格や理解力に合わせてコミュニケーションを取ることは難しいですが、自分の思いをうまく伝えられない子どもが何かを伝えてくれた時、この仕事を選んで良かったと心から思います。今後は、児童発達支援管理責任者の資格取得を目指し、指導員として経験を積んでいきたいと思います。


食物栄養学科

毎日の食事を通して 「食」と「健康」の大切さを伝えたい

中島 菜々絵 さん

 ■栄養管理コース(2013年3月 卒業)

淀川食品株式会社 (県立広島病院) 勤務

私は、入院患者さんの毎日の食事の献立作成や調理を担当しています。アレルギーや疾患などで食事制限のある患者さんの献立を作成する時に、Sanjoで学んだことが役立っています。食事提供後、患者さんから「美味しかった」とメッセージをいただいた時はとても嬉しく、これからも患者さんに喜んでもらえるような献立を作成していこうと思いました。将来は患者さんに栄養指導ができる管理栄養士を目指しており、今、資格取得に向けて頑張っています。


この料理だけは誰にも負けない! そんな調理師になりたい

吉川 佳那未 さん

 ■栄養調理コース(2014年3月 卒業)

アーククラブ迎賓館 勤務

私は、「料理で人を幸せにしたい」と思い調理師を目指しました。現在は、結婚式場でデザート作りを担当したり、先輩方が作られる料理の食材の下準備などもしています。結婚式に参列された方々に「美味しかった」と言ってもらえた時、頑張って作って良かったと心から思います。料理の味付けや仕込みを任せてもらえるように早く一人前の料理人になり、自分のお店を持つことが将来の目標です。


自分の大好きなことが仕事に! やりがいを持って取り組んでいます

坪井 正恵 さん

 ■フードビジネスコース
  (2006年3月卒業)
  ※現 食品開発コース

山陽食品株式会社 勤務

私は、子どもの頃から食べることが大好きで、コンビニやスーパーの食品売り場を観察するなど、「食」に対する興味が強かったため、食品会社に入社しました。現在は、生産管理業務を任され、店舗からの発注を受け工場へ製造指示を出したり、新しく開発されたレシピを工場生産用に組立てたりしています。色々な部署を経験し職場の方から頼りにされ、やりがいを持って仕事に取り組んでいます。将来、食品会社に就職したいと考えている人は、アレルギー食材など食品表示の資格を取得しているととても役に立ちます。


臨床検査学科

検査の知識や技術をさらに向上させ、病気の早期発見に貢献したい

山中 遥 さん

 ■臨床検査コース(2012年3月 卒業)

広島大学病院 勤務

私の仕事は、患者さんから採血された血液を検査することです。血液成分を機械で測定したり、血液細胞を染色し顕微鏡で観察したり、様々な方法で病気を発見しています。Sanjoでは、検査についての専門的な実習が多く、学んだことすべてが現在の仕事に活かされていると実感しています。特に、血液学で学んだ血液細胞の特徴の据え方など本当に役立っています。今後は、主治医だけでなく医療スタッフともディスカッションできるよう、検査の知識だけでなく治療方法や投薬などの医療知識も身につけていきたいと思います。


専攻科

患者さんから頼られる人になれるよう、幅広い知識を身につけたい

岩本 沙織 さん

 ■専攻科(診療情報管理専攻)
  (2014年3月 卒業)

広島中央保健生活協同組合
福島生協病院 勤務

私がこの仕事を目指したきっかけは、Sanjoのオープンキャンパスです。授業の一部を体験したことで医療事務のイメージがより具体的になり、興味を持ちました。現在、医事課で入院手続きを担当させていただいています。主に入院患者さんへの請求書やレセプト(診療報酬明細書)の作成です。入退院に伴う費用の面での患者さんの不安や心配を少しでも和らげるため、県や市町村の支援制度などを勉強していきたいと思っています。