• トップページ
  • 大学案内
  • 入試案内
  • 学科紹介
  • キャンバスライフ
  • 就職・キャリア

食品開発コース

食に関する幅広い知識や実践的な学びを通して、新しい商品を生み出す「食品開発のプロ」を目指します。


取得できる主な資格

■在学中に取得可能な資格

フードサイエンティスト、フードコーディネーター3級、社会福祉主事任用資格 など

■取得を目指す主な資格

フードスペシャリスト、食品衛生責任者、食品表示検定、新調理システム管理者 など

カリキュラム(専門教育科目)

■1年前期
食品開発概論 食文化概論 フードスペシャリスト論
食品学Ⅰ 食品微生物学 栄養学総論
調理学 調理学実習Ⅰ 健康管理概論
アウトドア演習 情報リテラシーⅠ こころと行動
■1年後期
食品表示概論 食品学Ⅱ 食品学実験
食品加工学実習Ⅰ 食品衛生学 食品開発演習Ⅰ
調理学実習Ⅶ テーブルコーディネート・
マナー
情報リテラシーⅡ
海外食生活事情 インターンシップⅠ
■2年前期
食品の流通と消費 食のプロデュース 食品衛生学実験
食品科学演習Ⅰ 応用栄養学 おいしさの科学
食品開発演習Ⅱ 調理学実験 給食施設・設備
調理学実習Ⅶ 健康ランニング 環境と健康
テーブルコーディネート・
マナー
新調理システム特論 インターンシップⅡ
特別研究
■2年後期
地域食産業事情 食品機能論 食品材料学実験
食品加工学実習Ⅱ 食品科学演習Ⅱ 製菓実習
公衆衛生学 フードスペシャリスト特論 フードサイエンティスト演習
デスエデュケーション論 特別研究

授業紹介

食品加工学実習Ⅰ~Ⅱ
身近で代表的な加工食品を取り上げ、これらを実際に製造し、原材料やその操作、保存など食品加工に関する知識や技術を習得します。
調理学実習Ⅶ
母の日、七夕、クリスマスなど、テーマやコンセプトに合わせた料理や盛付で、「食」を総合的にコーディネートし、季節感・食空間などの演出方法を学びます。
食品開発演習Ⅰ~Ⅱ
様々な加工食品に実際に触れ、その中から食品開発のための技術力や知識力を高めます。消費者のニーズや食品としての安全性・貯蔵性についても学びます。

在学生からのメッセージ

地元企業の皆さんと地域貢献できる食品開発を目指しています♪

森山 華江 さん(2015年 入学)
広島県/県立高陽高等学校 出身

地元企業とコラボした新商品の企画・開発から販売まで身をもって体験でき、実際に食べた方に「おいしい」と言ってもらえたことが私はとてもうれしかったです。ここでは身近な「食」を通して新しいことにチャレンジできます。卒業までに、フードサイエンティストやフードコーディネーターの資格はもちろん、食品表示検定などたくさんの資格を取得し、地域に貢献できる食品開発者を目指しています。


先輩からのメッセージ

自分の大好きなことが仕事に!
やりがいを持って取り組んでいます。

坪井 正恵 さん(2016年 卒業)山陽食品株式会社 勤務

私は、子どもの頃から食べることが大好きで、コンビニやスーパーの食品売り場を観察するなど、「食」に対する興味が強かったため、食品会社に入社しました。現在は、生産管理業務を任され、店舗からの発注を受け工場へ製造指示を出したり、新しく開発されたレシピを工場生産用に組立てたりしています。色々な部署を経験し職場の方から頼りにされ、やりがいを持って仕事に取り組んでいます。将来、食品会社に就職したいと考えている人は、アレルギー食材など食品表示の資格を取得しているととても役に立ちます。