• トップページ
  • 大学案内
  • 入試案内
  • 学科紹介
  • キャンバスライフ
  • 就職・キャリア

人間生活学科 教員

食物栄養学科 教員

臨床検査学科 教員

役職 副学長 教務部長
職名 教授
氏名・メールアドレス 谷口 菊代 Kikuyo Taniguchi
E-mail:taniguchi(at)sanyo.ac.jp
*送信する際には、(at)を@に置き換えてください。
学位 博士(医学)
資格 健康食品管理士
主な担当科目 基礎生物学,生理学,免疫学,医学英語Ⅱ,免疫検査学実習,輸血・移植検査学実習,染色体・遺伝子検査学実習,免疫検査学演習(免疫学分野), 臨床検査医学
主な研究分野 顆粒球抗原抗体系及び免疫性好中球減少症に関する研究
研究業績 作製したMoAb(TAG1, TAG2, TAG3, TAG4)の臨床応用に関する論文

1. Anti-Human Neutrophil Antigen-1a, -1b, and -2 Antibodies in Neonates and Children with Immune Neutropenias Analyzed by Extracted Granulocyte Antigen Immunofluorescence Assay. Transfusion 57:2586–2594

2. Neutropenia associated with antihuman neutrophil antibodies following allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. Transplant International. 27(3):e21-e23.

3. 低用量リツキシマブ投与が奏功し1年間に渡る完全寛解を維持している慢性自己免疫性好中球減少症. 臨床血液 第52巻 第2号 pp.63-67

4. Little impact of donor/recipient major mismatch for neutrophil-specific antigen NA2 on neutrophil recovery after allogeneic SCT. Bone Marrow transplant 43(3):229-35

5. Monitoring neutrophil engraftment in allogeneic stem cell transplantation by flow cytometric analysis of neutrophil-specific antigens NA1 and NA2. Br J Haematol 139(2)280-3 

6. Significance of human neutrophil antigen-2a (NB1) expression and neutrophil number in pregnancy. Transfusion 44;581-585

7. Efficancy of the prophylactic use of sulfamethoxazole-trimethoprim for prevention of infections in children with primary autoimmune neutropenia. J Pediatr hematol Oncol. 25(7):553-7

8. Significance of the detection of antineutrophil antibodies in children with chronic neutropenia. Blood 99:3468-3471
社会活動 日本血小板・顆粒球ワークショップ(日本輸血細胞治療学会関連団体)・ISBTアジア地区 幹事
健康食品管理士会中国支部支部長
所属学会・団体等 日本輸血・細胞治療学会,日本血小板・顆粒球型ワークショップ(国際/日本輸血細胞治療学会関連団体),日本臨床検査学教育協議会,健康食品管理士会
オフィス・アワー 水・木・金 12:00~18:00