• トップページ
  • 大学案内
  • 入試案内
  • 学科紹介
  • キャンバスライフ
  • 就職・キャリア

歴史・沿革

山陽女子短期大学の歴史

山陽女子短期大学は、地域女子教育施設創建の熱望にこたえて1929年に設立された山陽高等女学校以来の女子教育の伝統を引き継ぎ、1963年に創設されました。
世界遺産の宮島を擁する廿日市市に位置し、波静かな瀬戸の海近く、緑豊かな環境に恵まれた本学は、これまでに多くの卒業生を社会に送り出してきました。開学以来、本学の教育理念は、教養と 専門性を兼ね備え、地域に貢献する女性を育成することであり、「愛・優・輝」をモットーに「教養教育及び健康・医療を核とした専門基礎教育の徹底、実践に即した豊富な実習を中心とした教育、資格を活かして地域に貢献できる人材の養成、地域における生涯教育の拠点化と地域連携の推進」を教育方針として掲げ、教育内容の一層の充実を図っております。 今後は健康・医療をはじめ幅広い分野で、地域社会に貢献できる意欲ある学生を育てます。

山陽女子短期大学 校舎

沿革

1929年
山陽高等女学校 開校
1948年
学制改革により山陽女子高等学校に移行
1963年
山陽女子短期大学 開学 家政科 設立
1965年
国文科 設立
1966年
食物栄養科 設立
1968年
附属幼稚園 開園
1991年
家政科を生活学科に、食物栄養科を食物栄養学科に名称変更
1997年
国文科を日本語日本文学科に名称変更
1999年
生活学科を人間生活学科に名称変更
2001年
日本語日本文学科を廃止
2007年
臨床検査学科 設置
2012年
専攻科(診療情報管理専攻) 設置