• トップページ
  • 大学案内
  • 入試案内
  • 学科紹介
  • キャンバスライフ
  • 就職・キャリア

特別入学(社会人・留学生・帰国子女)のメリット

特別入学試験合格者
入学金半額免除。

はなみずき入学試験(満50歳以上)合格者
入学金半額免除。
授業料のうち年間40万円給付(2年間を限度とします)。

入学前の既修単位の認定
大学等在学中に履修した授業科目のうち15単位(要認定)が既修得単位と認められます。

卒業生Q&A

臨床検査学科 

臨床検査コース
佐々木 優さん

  • Q1.本学への入学目的はどんなことだったでしょう?
  • 臨床検査技師という国家資格を最短で得るため
  • Q2.本学での学びはいかがだったでしょう?
  • 実習が多いのが特徴ですが、自分の働いているイメージが湧きやすく実践力につながったと思います。先生方のサポートが厚く、安心して学習でき、希望の病院に就職することが出来ました。
  • Q3.現在の職業について教えてください。
  • 臨床検査技師の仕事は、患者の身体から血液や尿、組織などから病気を調べる「検体検査と」心電図や脳波計などの機会を使って検査する「生体検査」があり、各々の部門を担当制で行っています。 私は現在、主に生化学部門を担当しています。
  • Q4.学び直しのお薦め!
  • 新しい事を始めるのはとても勇気がいる事だけど、この3年間で一生働きたいと思える資格が取れると考えたら迷わずチャレンジしてみるべきだと思います。 山陽女子短期大学で得た知識、経験が、私の人生を180度変えてくれました。私は一から学び直すつもりで入学しましたが、今までの自分が無駄になることはなく、さらにレベルアップしたような気持ちです。 後悔は全くなく、むしろ温かく見守ってくれた家族、サポートして下さった先生方に感謝しています。
     

臨床検査コース
河野 有香さん

  • Q1.本学への入学目的はどんなことだったでしょう?
  • 臨床検査技師になるため
  • Q2.本学での学びはいかがだったでしょう?
  • 入学してから4年制大学に比べて一日の授業数の多さに戸惑ったが、クラス全体の仲が良いため、みんなで合格しようという雰囲気があってとても良かった。 学生同士で教え合うなど、私自身も助けられた。
  • Q3.現在の職業について教えてください。
  • 検診クリニックにて、検診業務
  • Q4.学び直しのお薦め!
  • 社会人経験の中で臨床検査技師になりたいと思うようになり少しの間悩んだが、入学すると先生方が支えて下さり、また、歳が離れていても仲良く接してくれる学友に恵まれ、 学校行事も楽しめた。結果3年間で資格も取得でき、入学して良かったと思っている。
            

食物栄養学科 

栄養管理コース
阿部 小織さん

  • Q1.本学への入学目的はどんなことだったでしょう?
  • 栄養士の資格が欲しいというのがまず第一でした。2年制の大学で一から通えるところを探していたところ、 山陽女子短期大学の存在を知りました。職場に同大学の卒業生の方がいらっしゃって、 話を聞くことが出来たのも大きかったと思います。
  • Q2.本学での学びはいかがだったでしょう?
  • 4年制大学に通っていた頃、心が冷めてしまうような経験をし、大学とは自己責任の場であると実感することがありましたが、 山陽女子短期大学は、チューターの先生がいて、教科の先生がいて、学生一人一人と細やかに接してくれる場所であり、 暖かな愛情を得る事ができる場所でもありました。 また、勉強については学ぶにつれて昔の感覚がよみがえり学ぶことが楽しくなり、同級生とコミュニケーションが取れるのかと心配でしたが、 年下の同級生の中には仲良くしてくれる友人もたくさん出来て、とても楽しい大学生活でした。
  • Q3.現在の職業について教えてください。
  • 廿日市市内の病院で栄養士として働いています。先日調理員さんから調理に関する質問があって、 それに対しての説明に「すごくよかった。納得できた」と言ってもらえた時、とてもうれしく感じました。 現場でともに調理に関わっている栄養士だからこその経験だと思います。
  • Q4.学び直しのお薦め!
  • 学びなおしをしたから、明確に「栄養士になる」という目的に向かって走ってこられました。 大学で学んだ事、他業種で得た経験もそのすべてが決して無駄ではなかったと思います。ここでは不安や悩みを一人で抱え込まないように、 先生方が学生ひとりひとりに気を配り、歩み寄って話としてくだいました。学びなおしをしたからこそ自分に自信を持つもつことが出来ました。 「無駄な経験はひとつもない」という言葉を下さったのも学びなおして出会えた恩師です。