山陽女子短期大学|広島県廿日市市

教員紹介

教員プロフィールPROFILE

役職
職名 准教授
研究室 2号館3階
氏名 久保田 耕司
Kubota Koji
メールアドレス E-mail:kubota(at)sanyo.ac.jp
*送信する際には、(at)を@に置き換えてください。
学位 博士(薬学)、修士(農学)
主な担当科目 分析化学基礎、基礎生物学、基礎化学、基礎物理学、理数基礎B、臨床化学検査学実習
教育歴・研究歴 2016-2019 生物学、生物化学、薬品分析学、生物系実習、物理系実習、自然科学実習入門(生物系・物理系)、イグナイト教育、卒業研究:医療創生大学薬学部薬学科
2011-2016 物理化学演習、物理化学実習、製剤学実習、薬品分析化学実習、生化学実習、薬理学実習、薬学基礎実習(生物系・物理系)、まほろば共用ゼミ、卒業研究:安田女子大学薬学部薬学科
資格
実務歴・実務概要 2008-2011 神戸天然物化学株式会社品質保証部
2004-2006 広島大学医学部総合薬学科分子治療デバイス学研究室研究員補佐員
2003-2004 株式会社SRL 医科学分析センター
2001-2003 味の素株式会社医薬事業部創薬研究部
2000-2001 理化学研究所ゲノム科学総合研究センター
教育業績 2021- 効果的・効率的なカリキュラム・マップの構築のための、学修到達目標の整備と関連性解析
2017- 適正な学力評価のための教学成果評価システムの開発と運用
主な研究分野 分析化学、製剤学、教育工学
研究業績 【学術論文】
1. Kubota K*, Okasaka M, Kano A, Takata S: The involvement of protein denaturing activity in the effect of surfactants on skin barrier function. Skin Res Technol 27(2):241-248, 2021.
2. Kubota K*: Precaution for using quarternary ammonium salt type surfactant on skin. AUTHOREA: 10.22541/au.159257657.76782328, 2020.
3. Kubota K*, Kakishita A, Okasaka M, Tokunaga Y, Takata S: Effect of alkyl structure (straight chain/branched chain/unsaturation) of C18 fatty acid sodium soap on skin barrier function. App Sci 10(12):4010-4020, 2020.
4. Okasaka M, Kubota K*, Yamasaki E, Yang J, Takata S: Evaluation of anionic surfactants effects on the skin barrier function based on skin permeability. Pharm Dev Technol 24(1):99-104, 2019.
5. Kubota K*, Shibata A, Yamaguchi T: The molecular assembly of ionic liquid/aliphatic carboxylic acid/aliphatic amine as effective and safety transdermal enhancers. Eur J Pham Sci 86:75-83, 2016.
6. Hazeki K*, Nigorikawa K, Takaba Y, Segawa T, Nukuda A, Masuda A, Ishikawa Y, Kubota K, Takasuga S, Hazeki O: Essential roles of PIKfyve and PTEN on phagosomal phosphatydilinositol 3-phosphate dynamics. FEBS Lett 586(2):4010-4015, 2012.
7. Noda K*, Kubota K, Yamasaki R: Separation of lipooligosaccharides by linear gradient gel electrophoresys. Anal Biochem 279(1):18-22, 2000.
【報告書】
1. 長谷川朝美, 久保田耕司, 青木悠里, 升島努, 前田昌子, 檜山英三: 予後不良神経芽細胞腫の特異的マーカーの探索 −プロテオーム解析から−. 厚生労働科研費補助金(子ども家庭総合研究事業)神経芽細胞腫マススクリーニング研究報告書:81-94, 2005.
【競争的研究資金】
1. 久保田耕司:皮膚バリア機能への影響を改善する界面活性剤製剤の処方開発. 2022-2023年度 科学研究費 若手研究,代表
2. 久保田耕司: 洗浄剤・香粧品に含まれる界面活性剤が皮膚に及ぼす影響に関する研究. 2019-2020年度 科学研究費 若手研究, 代表
著書等
共同研究・社会活動 【他機関との共同研究】
1. 界面活性剤が皮膚バリア機能に及ぼす影響に関する研究, 高田定樹(大阪樟蔭女子大学学芸学部), 2013-
【講演等】
1. Kubota K:Clinical chemical evaluation of the effect of surfactants on skin barrier function. 4th International Conference on PharmaScience Research & Development, 2022.2.26,サンフランシスコ(リモート講演).
2. 久保田耕司:Scheem-D成果報告. 文部科学省, 大学教育のデジタライゼーション・イニシアチブ(スキームD)キックオフシンポジウム, 2022.7.30,東京.
3. 久保田耕司: Good Question Creativity 課題創出力の開拓と育成. 文部科学省, 大学教育のデジタライゼーション・イニシアチブ(スキームD)第1回ピッチ・イベント, 2021.2.19,東京.
4. 久保田耕司: EducationをTechnoする! 教育工学とICT. 第89回いわき情報技術研究会講演会, 2020.7.11,いわき.
5. 久保田耕司: クスリとコスメ.安田女子大学薬学部,2013.8.6,山口県立岩国総合高校.
表彰等
所属学会・団体等 日本香粧品学会、日本薬剤学会
メッセージ いろんなことに興味を持ってどんどんぶつかってください。勉強や研究だけに限りません。どんなことでも必ず自分の力になりますし、苦手や失敗を知って支え合うのも大切です。大学は支え合いができる貴重な場です。生命を支える資格者として、楽しさも苦しさや痛みも知った人になってください。一緒に楽しみ励みましょう。
オフィス・アワー 月・金 13:00~17:00

前のページに戻る