歯科技工士の専門学校|歯科技工士を育成して50年以上の歴史がある専門学校です。
       
 -学生ライフ- 1Dayスケジュール



-歯科技工士を目指す学生たち-

 広島歯科技術専門学校から社会へ羽ばたこうと「歯科技工士」を目指す学生たちは自身の技術を鍛錬するために日々努力しています。「自分のため」それが「社会のへの奉仕」につながることを合言葉にがんばっています。

社会人として成長の実感   2年生 山本 香菜絵 さん

 この学校に入学するまでは、2年間という短い時間で本当に歯科技工士になれるのか、続けることができるか、不安でいっぱいでした。しかし学校生活を送る中で学生一人ひとりに合わせた先生方の丁寧なご指導のおかけで出来なかったことが出来るようになること、分からないことが理解できたときの喜びを感じることが出来ました。 練習すればその分、結果が出て、歯科技工が楽しくなりやりがいを感じるようになりました。クラスメイトともお互い高め合いながら勉強しています。歯科技工の技術だけでなく、自分自身の成長も感じることができ、充実した日々を送っています。

  歯科技工士はただ歯を作る職業ではなく、患者さんの口腔内に合わせた技工物を作り、どれだけ喜んでもらえるかが大切な職業です。この学校で学んだことを生かし、社会に出てからもっと腕を磨いていきたいと思います。



歯科技工士との出会い   2年生 上杉 栞 さん

 私は高校時代に歯科助手のアルバイトをしていて、そこで技工に出会いました。歯科技工士という職業はアルバイトをするまで知らなかったし、あまりメジャーな職業ではないので「女子なら衛生士に」と言われたこともありましたが、ものづくりが好きだった私は技工士になることを決意しました。

 学校は少人数なので、一人ひとりにきめ細かく指導がいき渡り、初めて触れる技工も楽しみながら技術を磨くことができます。実習が中心ですが、国家試験に向けての講義も質問しやすく、丁寧に解説してくれるので復習もしっかり要点をまとめることができます。

 昼休憩には屋上でお弁当を食べたり、他愛のない話しをしたりして楽しんでいる人、実習の遅れを取り戻す人など、それぞれ有意義な時間を過ごしています。また新入生歓迎球技大会や遠足などの1年生との合同行事でクラスメイトはもちろん、後輩ともすぐに仲良くなることができました。

 日常生活のいろいろな場面で、毎日なにかワンステップ成長できているという実感があり、1日があっいう間に過ぎていきます。将来は世界で活躍できるような歯科技工士になりたいです。そのために実習で技術を、講義で知識をしっかり習得し、『1日1歩前進』をモットーに頑張っていきたいです。

-学生アンケート- 

学生のみんなに聞いてみました!

 広島歯科技術専門学校の在学生にアンケートをとり、まとめてみました。歯科技工士を目指す
 きっかけや技工士としての夢を語ってくれました。
 これから、歯科技工士を目指す皆さまの参考にしていただければと思います。

Q:入学したときの年齢は?
A:高校卒業すぐの入学生がもっとも多く66%です。
  その他、20歳代が28%
      30歳代が 2%
      40歳代が 2% の学生が在籍しています。


Q:通学について
A:83%の学生が自宅から通学しています。
  通学時間、30分以内 30%
       1時間以内 26%
       2時間程度 39% 
       3時間以上  5% 


Q:歯科技工士を知ったのはいつですか?
A:高校2~3年生がもっとも多く45%です。
   幼少期  10%
   小学生   4%
   中学生  12%
   高校1年  5%
   高校2年 22%
   高校3年 23%
   大学生   6%
   社会人  10%
   その他   6%


Q:歯科技工士を知ったきっかけを教えてください
A:高校の先生から聞いた。     27%
 ・父母から聞いた。        23%
 ・歯科医院で知った。       10%
 ・テレビ・インターネットで知った。10%
 ・書籍・雑誌で知った。      10%
 ・ハローワークで知った。      3%
 ・家族、親類に歯科技工士がいる。 17%


Q:歯科技工士になろうと思ったのはいつですか?
A:高校3年生がもっとも多く、40%です。
   幼少期   0%
   小学生   2%
   中学生   8%
   高校1年  6%
   高校2年 16%
   高校3年 40%
   大学生   7%
   社会人  14%
   その他   6%


Q:歯科技工士を選んだ理由を教えてください。
A:就職率が高い。
 ・安定していると思った。
 ・医療系の仕事で物作りは自分に適していると思った。
 ・将来のためには資格を持つのが良いと思った。
 ・各種の資格を調べた結果、求人が多く、就職率の良い歯科技工士を選んだ。
 ・大学でいろいろな物作りを勉強していたが、改めて歯科技工士の勉強をしたくなった。
 ・大学へ進学するよりも、専門学校で資格を取得するほうが良いと思った。
 ・海外でも活躍できる職業だと思った。
 ・物作りが好き。
 ・細かい作業が好き。
 ・自分が矯正治療を受けたときに、こんな(矯正技工の)仕事がしたくなった。
 ・祖父母の入れ歯を作ってあげようと思った。
 ・職業適性検査によって決めた。
 ・父親の後を継ぎたいと思った。


Q:本校を選んだ理由を教えてください。
A:知り合いの技工士さんからの評判が良く、自信を持って紹介してくれた。
 ・広島県内にあり交通の便が良く、自宅から通える。
 ・環境・利便性が良く、生活しやすそうだった。
 ・2年で資格が取れるから。
 ・高校の先生が「多くの卒業生が進学している」と言って紹介してくれた。
 ・オープンキャンパスに参加し、他校に比べて設備が良くてキレイだった。
 ・説明会の体験がおもしろかった。
 ・オープンキャンパスの雰囲気がよかった。
 ・家族・親類が卒業している。


Q:実習や講義の中で何が楽しいですか?・好きですか?
A:実習が楽しい・実習が好き。
 ・歯の形を作るのが楽しい。
 ・歯の解剖学。(歯の知られざる知識がいっぱいです。)
 ・筋肉や骨の働きで何気ない動きがわかって楽しい。
 ・作品が完成したときの達成感。
 ・研磨(ピカピカにする)は気持ちいいです。
 ・実習も講義も楽しい。興味を持って勉強できる。
 ・金属の鋳造をするのが好き。
 ・エンジンを使って削る作業が好き。
 ・彫刻が上手にできたとき嬉しいです。
 ・金属線の屈曲。(曲げる)
 ・クラウンのワックスアップ
 ・歯科理工学実習の実験
 ・歯科理工学の講義


Q:どんな歯科技工士になりたいですか?
A:信頼される技工士。
 ・稼げる技工士。
 ・経営者になりたい。
 ・患者を笑顔にできる技工士。
 ・会社で認められる技工士。
 ・評判のいい技工士。
 ・患者さんに喜んでもらえるような物を作れる技工士。
 ・妥協しない。丁寧な物を作る技工士。
 ・最新の材料・機器をつかって、より良い物を作りたい。
 ・技工所のコンサルタントやマネージメントをしたい。
 ・海外で仕事をしたい。


※本データは在学生を対象にしたアンケートをもとに構成しました。  


学生ライフ







    
広島県唯一の歯科技工士専門学校。就職率100%、国家資格取得率100%の実績があります。
緑豊かな山陽女学園で将来ある資格、歯科技工士を目指しませんか?

 

学校概要

歯科技工士の資格

カリキュラム

過年度実績

募集要項

学生ライフ  
  学校へのアクセス

ラジオCM

スライド年間行事

学費サポート

学校ニュース  
スライド学校紹介

教育訓練給付制度 facebook  

LINE  
 

高校生・大学生の方へ

オープンキャンパス

よくある質問

職員日誌

情報公開  
 

社会人の方へ

オープンキャンパス申し込み

お問い合わせ

さんようリンク

学校関係者評価委員会  
 

保護者の方へ

個別見学会

資料請求

プライバシーポリシー 職業実践専門課程  
 

高校の先生方へ

個別見学会申し込み

資料請求申し込み

高等教育の修学支援制度  
 

企業の方へ

       


〒738-8504 広島県廿日市市佐方本町1-1|学校法人山陽女学園 広島歯科技術専門学校|TEL・FAX:0829-32-1861|e-mail:shika@sanyo.ac.jp
Copyright © 2001 Hiroshima Dental Technical College All Rights Reserved.